フィギュアスケートとはずがたり

ブログ移転いたしました。移転先URLはこちら http://blog.livedoor.jp/aknshbt/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転のお知らせ

当ブログは2015年12月5日をもちまして、 http://blog.livedoor.jp/aknshbt/ に移転いたしました。以後、新しい記事は移転先の新ブログにアップいたします。お手数をおかけしますが、ブックマーク等をしてくださっている方は、URLの変更をお願い申し上げます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

女子シングルTES戦略考:2015年欧州選手権女子シングル雑感

【ブログ移転のお知らせ】
当ブログは2015年12月5日をもちまして、 http://blog.livedoor.jp/aknshbt/ に移転いたしました。お手数をおかけしますが、ブックマーク等をしてくださっている方は、URLの変更をお願い申し上げます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。



EC2015男子表彰台

EC2015女子表彰台

 世界選手権の真っ最中だが、2015年欧州選手権の女子シングル、とりわけエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手とエレーナ・ラジオノワ選手について雑感を述べておきたい。とても興味深い試合だった。というのも、選手の技術点(TES)へのアプローチがそれぞれ異なっていて、じつに多様な戦略を見ることができたからだ。

 その前に、まずは見事な演技を披露してくれた選手たちに賛辞を。男子シングルではハビエル・フェルナンデス選手が3連覇、2位にマキシム・コフトゥン選手、3位にセルゲイ・ヴォロノフ選手が入った。また、女子シングルではエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手が初優勝、2位に初出場のエレーナ・ラジオノワ選手、3位にアンナ・ポゴリラヤ選手。ロシア勢が表彰台を独占した。男女シングルを通じて6名のメダリストのうち、5名がロシア選手だ。まさに破竹の勢いと言ってよいだろう。皆さん、おめでとうございます!


最終結果
男子シングル http://www.isuresults.com/results/ec2015/CAT001RS.HTM
女子シングル http://www.isuresults.com/results/ec2015/CAT002RS.HTM

プロトコル
男子SP http://www.isuresults.com/results/ec2015/ec2015_Men_SP_Scores.pdf 
男子FS http://www.isuresults.com/results/ec2015/ec2015_Men_FS_Scores.pdf

女子SP http://www.isuresults.com/results/ec2015/ec2015_Ladies_SP_Scores.pdf
女子FS http://www.isuresults.com/results/ec2015/ec2015_Ladies_FS_Scores.pdf

PCSとGOEの関係性(4):ハビエル・フェルナンデス編

【ブログ移転のお知らせ】
当ブログは2015年12月5日をもちまして、 http://blog.livedoor.jp/aknshbt/ に移転いたしました。お手数をおかけしますが、ブックマーク等をしてくださっている方は、URLの変更をお願い申し上げます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。



 PCSとGOEの関係性、すなわちブライアン・オーサー氏提唱の、GOEプラスはPCSでの高評価に影響する説。今回はソチオリンピック4位入賞、世界選手権2年連続銅メダル、そして目下のところ欧州選手権3連覇中のハビエル・フェルナンデス選手について。周知のとおり、彼のコーチはオーサー氏。フェルナンデス選手はチーム・ブライアンの一員だ。

 本題に入る前に正直に白状しておくと、ここまで3回にわたってPCSとGOEの関係性を検討してきたが、おおむねオーサー説は正しいように思われる。したがって一般論として書くべき内容が少ない。これまでの記事と重複する部分が多いからだ。そこで本稿からは、記事の内容がオーサー説の検証よりも、選手の個別のケースについて考える方向にシフトしている。この点ご了解いただければ幸いである。

【2015年6月18日追記】一部誤表記があったので修正した。コメントでのご指摘に感謝申し上げる。

PCSとGOEの関係性(3):デニス・テン編

【ブログ移転のお知らせ】
当ブログは2015年12月5日をもちまして、 http://blog.livedoor.jp/aknshbt/ に移転いたしました。お手数をおかけしますが、ブックマーク等をしてくださっている方は、URLの変更をお願い申し上げます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。



 前回からかなり間があいてしまって申し訳ないが、PCSとGOEの関係性を検討した記事の続きである。ブライアン・オーサー氏によるGOEプラスはPCSでの高評価に影響する説。今回はソチオリンピック銅メダリストにして、今年2月の四大陸選手権で異次元の演技を披露したデニス・テン選手について。

【2015年6月19日追記】一部誤表記があったので修正した。コメントでのご指摘に感謝申し上げる。

PCSとGOEの関係性(2):パトリック・チャン編

【ブログ移転のお知らせ】
当ブログは2015年12月5日をもちまして、 http://blog.livedoor.jp/aknshbt/ に移転いたしました。お手数をおかけしますが、ブックマーク等をしてくださっている方は、URLの変更をお願い申し上げます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。



 PCSとGOEの関係性を検討した記事の続きである。つまり、GOEプラスはPCSでの高評価に影響するという説。前回の羽生選手の記事に引き続き、今回はパトリック・チャン選手を例に、グラフ化とちょっとした考察を試みたい。

 一応念のためにお断りしておくが、PCSとGOEの関係性について発見したのは、あくまでもブライアン・オーサー氏であって、筆者はそれに便乗しているにすぎない。また、グラフ作成のためのデータ入力にあたっては、多くのウェブサイトを利用させていただいている。そのあたりの事情をご理解いただいた上で、もし得点の視覚化がフィギュアスケートの採点にかんする理解に役立つことがあれば、この上ない幸いである。

【2015年6月19日追記】一部誤表記があったので修正した。コメントでのご指摘に感謝申し上げる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。